スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケット旅行記⑭ 番外編

長かったプーケット旅行記も今回も最後です。
どんだけ、細切れでネタにしたんだ、私!

さて、今回は番外編ということで、
プーケットで見かけた動物達の写真を。

プーケットというか、タイは犬を放し飼いにしています。
というか、飼い犬なのか野良なのか、そこも微妙です。

生活に溶け込んでいて、全く人には噛み付いたりして来ないんですが、
最初はその風景にビックリします。
日本も、昔はこんなんだったんですよね。

タイではこの状態が問題となっており、
野良犬を取り締まり、飼い犬はリードにつなげようという声も上がっているそうです。

かわいいけど、かわいいけど、
日本と違い、きちんと犬の病気への対策がなされていないそうで、
決して触ってはいけないそうです。

だから、写真を撮るだけ。

靴屋の店先で。
店先の犬


食堂で。

+ Read More

スポンサーサイト

プーケット旅行記⑬ ショッピング編

今回はショッピングのお話しです。

パトンビーチ沿いにいっぱい、タイシルクや工芸品など土産物屋さんが並んでます。
そして歩いてると、
「こんにちはー!」
「見るだけ、見るだけー!」
などと、日本語で客引きがすんごい来ます。

中でも、
「どんだけー、どんだけー!」
「オッパッピー!」

などど流行の言葉を使う人もいて、気を引こうと懸命です。

また、
「ヤマモトヤマ!」
「アジノモト!」
とも声をかける人もいて、笑えます。

ほとんどの店で値札がなく、英語での値段交渉が必要です。
また、日本人には欧米人の倍の値段を言ってくると聞きました。

ただ、『ローカルとの値段交渉すら旅の楽しみ』とい方には、うってつけです。

この客引き合戦の中で、1件だけ、
全く客引きをすることなく、彫り物工芸に没頭している青年がいました。

私達が店内をぶらぶら見てても、全く手を休めることなくひたすら彫ってる姿に、感動。
いかにも朴訥って感じで、この通りではかなり浮いてます。
なんか、作ってる物も素晴らしかったので、買っちゃいました。

その、青年とお店。
工芸品店


買った彫り物。
鳳凰(フェニックス・不死鳥)です。
omiyage2.jpg

+ Read More

プーケット旅行記⑫ ホテル編

私達が泊まったホテル、バンタイ・ビーチリゾート&スパの紹介です。

色んな旅行会社のパッケージで組まれてますので、
プーケット旅行を検討されている方は、参考にどうぞ。

ロケーションはパトンビーチの中心地からやや南よりで、
ホテル自体はまさにビーチの目の前。
バングラ通りから徒歩数分という、なんとも夜遊びに絶好な所にあります。

プールはよく言われるように、ちょっとしょぼいかも。
バンタイのプール1


部屋。
やっすい割には、悪くないかな。狭いけど。
部屋


テレビは当然、部屋にパソコンも付いてましたが、
一度も利用せず。

+ Read More

Profile

いろはの世話役

Author:いろはの世話役

私=アラサー主婦
夫=アラサー男子

いろは=2007/10/5生まれの柴犬♀
パピ子=2009/5/13生まれのパピヨン♀

Entry
Category
Monthly Archive
Link
このブログをリンクに追加する
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。